長崎県議会議員「深堀ひろし」のブログ


ホームページもぜひご覧ください
★深堀ひろし OFFICIAL WEBSITE★
http://fukahorihiroshi.net/


長崎県議会議員「深堀ひろし」のブログです。
議会報告や活動日誌をお届けします。

◇素敵・ながさき・魅力的◇
◇元気な よか街 創るけん◇


<< 被災地ボランティアを終えて | main | 暑い日が続いていますが、元気に活動中です。 >>
ほろ苦い初議会
DSC_0065.JPG
昨日、初めてとなる定例議会が終了しました。
正直言って「大変な議会」でありました。
それは何と言っても、原子力発電の問題です。
3月11日以降、福島第一原子力発電所の事故を受けて、福島県民の皆様をはじめ、多くの皆様にご迷惑とご心配をおかけしていること、電力マンの一人として、お詫びを申し上げなければなりません
今議会で、原子力発電の問題が大きく扱われたのは、玄海原子力発電所の定期検査中の2・3号機の運転再開問題についてでした。
九州電力が定期検査を終えた2・3号機を運転再開するには、立地場所の玄海町と佐賀県の理解を得なければなりません。(法的な規定ではありません)
しかし、我が長崎県の松浦市(鷹島町)は、玄海原子力発電所から僅か8.3kmに位置しているのですが、安全協定を締結していないため、今回の運転再開について、何らの意思表示ができない状況(従来から同様の取り扱い)でした。
これは、3月11日以前であれば、ある意味当然のことだったのですが、震災後、原子力発電所に万が一事故が発生した場合は、従来から想定されていた範囲を、大幅に上回る範囲に被害が及ぶことが明らかになった訳です。
このような中、7月4日に玄海町長が2・3号機の運転再開を容認したため、急遽、長崎県議会は、国・佐賀県・九州電力に対して、運転再開前に安全対策等を長崎県に説明等を求める決議(佐賀県には、長崎県の意向を十分尊重して判断してほしいという内容)を7月5日に可決しました。
そして翌6日には、国・佐賀県・九州電力へ要請行動を行ったのです。
しかし、大変残念なことに、6日の夜、九州電力の「やらせメール問題」が明るみになりました。
もちろん、私は、この問題には関わっていませんが、九州電力の出身であることに変わりはありません。
国民の皆様の信頼を失墜させるという、非常に残念で不適切な行動であったと深くお詫びを申し上げます。
議会では、この問題を受けて、防災対策を所管する総務委員会が、原子力発電問題について緊急の集中審議を行うことになり、13日に国(原子力保安院)と九州電力を参考人として招聘しました。(国は欠席しました)
当然のことですが、厳しい集中審議だったそうです。
私は、文教厚生委員会が審議中であったため参加できませんでしたが、委員からは安全協定の締結を求める意見や信頼回復のための要請が多くでたようです。
私にとっては初めての定例議会でありましたが、このような状況であったため、大変辛い初議会となりました。
詳細については、議会報告「よかけん」にて報告いたしますので、良かったらご一読ください。

信頼回復に向け、元気を出して頑張ります。
| 深堀ひろし | - | 12:38 | この記事へのコメントはこちら→ - | この記事へのトラックバックはこちら→ - | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE