長崎県議会議員「深堀ひろし」のブログ


ホームページもぜひご覧ください
★深堀ひろし OFFICIAL WEBSITE★
http://fukahorihiroshi.net/


長崎県議会議員「深堀ひろし」のブログです。
議会報告や活動日誌をお届けします。

◇素敵・ながさき・魅力的◇
◇元気な よか街 創るけん◇


<< 携帯電話を不携帯 | main | 久しぶりのブログ更新 >>
無事に帰国しました。
CIMG2170.jpeg
長崎県・上海市友好交流15周年記念訪中団として4泊5日の上海出張から本日帰国しました。
目覚ましい経済成長を遂げ続けている中国、その象徴的な都市が上海。
みなさんは、長崎県と上海市が友好交流を続けていることをご存じでしたでしょうか?

交流の歴史を遡れば、長くなるので割愛しますが、長崎上海航路については、
大正12(1923)年に就航し、当時は「下駄を履いて上海へ」と言われるほど、市民にとって上海は身近な存在だった。
昭和18年に途絶え、一時期復活したものの今回14年ぶりに再復活する運びとなったものです。

出張の行程は、2日、福岡から空路、上海入りし、3日間滞在。
5日、午前中に乗船し、なんと30時間かけて長崎へ。(正直疲れました)
上海では、まず、中国東方航空を訪問し、上海〜長崎便(空路)の増便等を要請。
これは、今回就航する航路だけでは、観光客を呼び込めない。
航路と空路を組み合わせることで、期待されるツアーメニューを提供することが出来るからです。
中国東方航空側から「前向きに検討したい」との回答を頂き一安心。

この他、友好交流15周年記念行事として「孫文と梅屋庄吉、そして上海と長崎」講演会、祝賀会。
それから、上海側が主催する梅屋庄吉像除幕式(上海市:紹興公園)に参加しました。

一番印象に残ったのは、祝賀会。
テーブルが10人用の円卓だったのですが、5人は同僚県議団、そして他の5人は上海市の中日友好協会の役員方。
私の隣は、「朱 政寧」理事という方でした。
席の近くには通訳の方々がスタンバイされていて、大変緊張したのですが、なんと流暢な日本語を話せる方でした。
朱さんは、「中国と日本の友好交流をもっと進展させなければならない、そのためには、上海と長崎の関係が重要だ」と力説され感銘を受けました。
他の4名の方々「顧さん、濮さん、馬さん、奚さん」とも交流を深めることができ、実のある祝賀会となりました。
嬉しかったのは、その翌日の除幕式。
司会を担当しているのが、朱さんだったのです。
再会を喜び、記念写真を撮らせていただきました。

初めての上海で新たな出会いと感銘を受けた訪中でした。

なお、乗船した「オーシャン・ローズ号」の感想は、まだ完全な状態ではなかったので、差し控えておきます。
来年、定期航路が就航した暁には、必ず乗船してみたいと思います。
| 深堀ひろし | - | 00:46 | この記事へのコメントはこちら→ - | この記事へのトラックバックはこちら→ - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE